サクラノタヨリ
県政や県議会で感じたことを書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表質問

県議会議員になって6年目。初めての代表質問の機会を頂きました。
一般質問とは異なり、会派を代表しての質問になりますので、内容は
県政全般にわたります。質問時間も45分と、一般質問の25分よりも
長く、準備する原稿も相当量となります。


一足先に帰省して墓参りも済ませましたので、お盆中でしたが県庁に
通って始めのざっくりとした質問項目について、面倒を見て下さる
職員の方と調整をしました。


自分として「これは代表質問でいいだろう」と思っても、過去の質問
傾向からみた場合はふさわしくなかったり、同じような質問が直近の
議会で質問されていたりして却下となったり・・・。今までの質問調整
とは格段に時間も必要で、かつ深い知識がないと太刀打ちできません。


これから9月30日の登壇に向けて、何十回と当局との駆け引きなり、調整
があると思われますので、立派に務めあげられるよう頑張ります。


さらに、9月定例会からは「一括質問」「分割質問」「一問一答」の中
から選択して質問を行うことになり、議場もこれにあわせてレイアウトを
変更しております。


質問方法を選択できるようになった第1回目の質問登壇者(会派として)
が私とは・・・。選択できるのは一般質問も同様なので、私が模範例と
なる可能性があります。


県民や他の議員にとって、当局とのやり取りをわかりやすくするため、
議会改革の一つとして採用された質問方法の選択性。会派トップバッター
としての役回りもしっかりと務めたいと思います。


暑い夏が終わろうとしていますが、私はしばらくはほっとできない日々が
続きそうです。
スポンサーサイト

富士市のためなら5人が結束して

議会が終わった2日の午後、知事室前の控えコーナーには
富士市選出の県議会議員が集まりました。自民党は遠藤さん、
植田さん、公明党は早川さん、民主党は私。自民党の鈴木さん
は別の予定があるとかで欠席でした。


さて、問題はなぜ超党派で知事に申し入れを行ったのか。


31日に富士市幹部と富士選出県議団との間で、26年度予算に関する
要望を聞く機会があり、市長自らが様々な課題について、現状と
県や国の関わりについて力説されました。


その中で、幾つかのテーマは、行政ルートからだけでなく、地元
議員からも直接知事に申し入れしようということに。早速2日後に
知事室に出向いたということです。


内容はともかく、地元選出県議が超党派で、市長など市幹部と一緒でなく、
議員が超党派で知事を訪問するケースは例がないようです。


富士市の発展のためなら、せっかく5人も選出されているので、全員が
同じ行動をとることは大変重要です。


誰のために仕事をする立場か、しっかりと理解していれば何の抵抗も、
違和感もありません。


また違った案件でも、同様に行動して行きたいと思います。

本業復帰です

昨日から6月定例会の代表質問が始まりました。開票日翌日
からの議会再開。どの議員も疲れぎみの表情。


自民党の代表質問の内容に注目していました。新聞記事に
あったように、対決から融和といった雰囲気でスタート。


「和をもって尊しとなす」とか、108万票の重みを真摯に
受け止める」とか、今まで否定してきた独自の財源捻出を肯定
するような発言があり、様変わりです。2月議会での対決姿勢は
どこに?


この姿勢がどこまで続くのか、知事の対応にも注目ですが、
議会では主権者である県民が常に中心にいる議論を行って行き
たいものです。


私も本業に戻り、暑い夏の間、調査活動に励みます。

6月定例会開会日

本日6月定例会が開会となりました。とは言ってもすぐに
休会で、代表質問は7/22(月)から。参議院選挙中は議会が
動きませんあるべき姿なのか、疑問です。


本日、川勝知事から所信表明がありました。概要を以下に
記載します。


「100万人を超える多くの県民から支持をもらい、光栄であり、
身の引き締まる思い。


これまで1,100回以上にわたって訪れてきた県内各地を初心に
帰って駆け回り、草の根の意見を直に聞いてきた。


私の現場主義や情報をオープンにする姿勢、新東名高速道路の
前倒し、富士山世界遺産への登録などを評価頂いた一方、地震や
津波対策、浜岡原発に対する不安、景気回復が実感できないとの
意見をもらった。


こうした声の一つ一つに耳を傾け、県民幸福度の最大化に向けて
「住んでよし訪れてよし」「生んでよし育ててよし」「学んでよし
働いてよし」の富国有徳の理想郷"ふじのくに"づくりを着実に進めて
いくことが、県民の負託に応える道であると思い定めている。


私は就任以来、東京と京都の間、日本の国土の中心にあって富士山
を擁する静岡県は、人類がつくりあげた東西の文明と、富士山に象徴
される日本の自然・文化とが調和する理想郷に足り得ると申し上げて
きた。


富士山の世界文化遺産登録を経て、日本を代表し国内外の人々の憧れを
集める地域になることが期待される。その誇りと自覚を県民と共有し、
手を携えて"ふじのくに"づくりに邁進して行くので、一層のご支援、
ご協力を重ねてお願い申し上げます。」


川勝知事の2期目にご期待下さい。


さぁ参議院選挙本番に突入です。

厚生委員会県内視察

6月定例会は6月28日開会ですが、今回は参議院選挙があるという
理由で、議会日程がかなり変則です。


開会日前に委員会の県内視察が行われ、私も今年から厚生委員会
委員長を拝命しておりますので、実質委員長としての初仕事と
なりました。
県立総合病院

がんセンター


昨日は「県立総合病院」と、富士市にある「みのる認定こども園」、
「特養あしたかホーム」を、本日は伊豆医療福祉センターと県立
がんセンターを視察しました。


1)県立総合病院
より重篤な救急患者の受け入れや、災害拠点病院として災害時の
医療救護に対応するため、平成25年度中の「救命救急センター指定」
に向けて準備中。日進月歩で進歩する医療機器への更新が必要不可
欠であるが、財源の手当てが課題


2)みのる認定こども園
平成25年4月に開園された認定こども園。幼稚園の機能と保育所の
機能が併設されており、幼稚園児と保育児が一緒に教育・保育され
る施設。もともとは幼稚園経営だった民間(田中学園)が、国と県
の補助を受け、保育を行うようになり、富士市の待機児童減少にも
貢献されている。


3)特養あしたかホームと虹の家
もともと特別養護老人ホームであったあしたかホームに、障害福祉
サービス事業所との混在型施設としてリニューアル。高齢者と障害
者の垣根のない福祉サービスである「ふじのくに型サービス」を
実践している施設を視察。


4)伊豆医療福祉センター
重症心身障害児(者)の療育訓練、生活援助をはじめとした入所・
通所事業、短期入所、療育相談、外来診断などを総合して行う
施設。平成24年4月より県から静岡県済生会へ移管され、7月に施設
規模を拡大して受け入れを充実させる。


5)静岡がんセンター
通院治療センターの充実や、最先端医療機器の導入により、入院、
通院患者とも増加傾向にある。ダビンチという手術ロボット2台の
導入や、リニアックというより患者に負担をかけない放射線治療装置
を視察。本県ががん治療の最先端を進むためには、引き続きの各種
設備の充実が必要。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

桜町宏毅

Author:桜町宏毅
静岡県議会議員
1965年9月6日生まれ
A型

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。