サクラノタヨリ
県政や県議会で感じたことを書いています

小樽は景観を重視した街

先日の視察報告の第2段。今回は小樽市の取り組みについて取り上げます。


小樽市といえば「小樽運河」で有名ですが、運河の前を走る道道(北海道の道)
の整備に伴い、当初は運河沿いの倉庫も解体し運河も埋め立てる計画だった
ようです。しかし、市民と行政、事業者において景観に対する重要性の認識が
高まり、昭和58年に北海道で初めての景観保全条例を制定しました。


一定区域内で建造物(店舗や住宅、マンションなど)を計画する場合、条例に
則した規制範囲の中で建設することとなっておりますが、全国展開している
チェーン店に対しては市の指導により、できるだけ周辺景観にふさわしい色
使いをするように要請しているとのことでした。


視察が早く終わったので景観規制範囲内を歩いてみると、全国展開している
お店がありました。外食チェーンの「びっくりドンキー」と「洋服の青山」
です。左は小樽店、右は富士に戻ってから撮影した富士店です。


小樽のびっくりドンキー  ドンキー富士

小樽の洋服の青山  青山富士


いかがでしょうか。小樽店は少しグレーかかって、いかにも港町にマッチ
した色使いと外壁を使い、富士店は明るく全国統一のパターンである
ようです。


写真にはありませんが、15階の高層マンションも倉庫通りの近くに建設
されていましたが、色使いはグレーを基調にした外壁でした。


各自治体は景観条例づくりを進めており、静岡県も富士山の世界遺産を
目指す以上景観を規制する条例づくりを急がなくてはなりません。


建設委員会の視察は箱物中心と思っていましたが、今回の小樽市の視察は
大変勉強になりました。





スポンサーサイト

建設委員会北海道視察報告

10月19日から21日まで建設委員会の視察で北海道に行ってきました。
先月、産業連携特別委員会でも北海道視察に行きましたので、2か月連続で
北海道訪問です。


先月は暑いくらいでしたが、今回の視察はぐっと冷え込み、外出には長袖が
必要でした。


さて肝心の視察結果の報告です。


まず訪れたのが新千歳空港近くの恵庭市。北海道5区にあたり、町村VS中前選挙
の真っただ中でした。


訪れたのは道の駅。視察目的は「シーニックバイウェイの先進事例」です。


恵庭道の駅  シーニックバイウェイ 玉川組プレート



シーニックバイウェイとは景観・シーン(Scene)とわき道・寄り道を意味する
Bywayを組み合わせた言葉で、地域と行政が協働で景観や自然環境に配慮した道
づくりを行うというもの。国交省が所管で、道内に9つの既認定エリアと、3つの
候補エリアがあるそうです。本県には日本風景街道という名称で、伊豆/富士山
周遊/東海道/奥大井/浜名湖の5か所が指定されています。


恵庭市は「支笏洞爺ニセコルート」の中にあり、道の駅では地域と行政が連携
して花の手入れをされていました。


左の写真の上部には「玉川組」とありますが、こちらの花壇は地元の建設会社の
玉川組さんが手入れを担当しているそうです。


地域との協働の必要性は過日の建設委員会でも質問をしましたが、行政が財政的
に厳しくなる中、地域住民でできることがあれば設計から手入れまで参画して
もらいたいというのが行政の本音です。


代表者の方にも質問しましたが、要は地域住民の参画意識だそうで、「ひとりで
家にいてもつまんないでしょう。一緒に花でも植えませんか?」という投げかけ
で一人増え、二人増えという形で参加者が増えてきているそうです。地域活動の
本質を見た気がしました。


あとの3か所の報告はまた後日。



研修の講師


10月17日(日)、ユニプレス労組の執行委員研修会に講師として招かれ、
約1時間30分講義をさせてもらいました。
予定していた国会議員が急に来れなくなってしまい、代理で県政につい
て話をさせてもらいました。


ユニプレス執行委員会


参加者は県内の事業所の執行委員だけでなく、神奈川や栃木などの事業所の
執行委員もいたため、あまり静岡県に特化することもできず、一方で静岡
県議会議員ですので国政ばかり話す訳にもいかず、ネタには苦労しましたが、
なんとか無事に終了できました。


よく「議員は話すと長くなる」と言われ、私も挨拶はできるだけ「元気に」
「短く」を心がけておりますが、今回は持ち時間が1時間30分もあったので
さすがにネタ作りには苦労しました。


1、静岡県議会議員の仕事と日常活動
2、県政の課題
3、地元での取り組み状況
4、会派構成と時期統一地方選挙に向けて 等々がメニューとなりました。


最初にお断りしたとはいえ、栃木や神奈川からの参加者には身近でなかった
かもしれません。しかし、議員とはこんな仕事をしているんだと身近に感じて
もらえた時間であったと思います。


若い執行委員さんが多かったのですが、これを契機に政治に関心をもってもら
えれば幸いです。政治に関心がなくても無関係ではいられません。今の現役世代の
今後のために、そして投票権のない子供たちのために、我々若者がしっかりしない
といけませんから。

ブログ3周年


昨日第30回富士市福祉まつりに参加してきました。30周年という記念の
年でもあり、多くの団体や市民の皆さんが参加されていました。


なんでも福祉まつりは他の自治体ではあまり実施していないようです。
お隣の沼津市は富士を見習って今年から開催するとか。富士市は「福祉
先進自治体」であることを誇りに思います。


会場を歩くと大勢の方から声をかけられるようになりました。
ありがたいことだと思っています。その分お店での購入金額が伸びできて
こちらはちょっとつらいのですが・・・。


さて表題の3周年とは・・・。このブログを始めたのが2007年10月から。
早いもので3年になります。そのときの福祉まつりについて書いたネタが
こちら → 2007年10月21日の私のブログ


更新頻度についてはご指摘が多いのですが、ツイッターでいう「フォロー者」
も大勢いて下さるようで、大変ありがたいと思っています。


これからも事実だけを伝えるブログでなく、自分の思いや政策提言が
できるような中身の濃いブログになるように努力していきます。


それにしても・・・月6回から9回の更新じゃだめですよね。反省・・・。

初めてのテープカット

10日(日)、ふじさんめっせにて「富士市技能フェスティバル」と「異業種
交流フェア」が開催されました。毎年多くの業界の皆さんが参加され、
匠の技を披露し、多くの市民も駆けつけ盛り上がっています。


今年は順番で私が県議を代表して挨拶に。
「大量生産大量消費の時代は終わり、本当に良い物の価値が認められる時代
となってきた。職人の皆さんの技をこのようなフェスティバルを通じて
市民が理解し、その技の伝承の必要性を理解するとともに、行政に携わる
者も伝統技能の継承と発展のために努力していかなくてはならない。
各業界がますます発展することを祈念します。」


その後会場入り口前でテープカット。実は議員になってから挨拶はやったことは
ありますが、テープカットは初めて。写真の右隣は富士市議会の太田副議長で
すが、「太田さん、これどこを切るんですか?」と聞いていたときにパチリ!


技能フェスタ テープカット  テープカットとの後


ちょっと恥ずかしいシーンでした。その後会場内を回り、多くの知り合いの
皆さんとご挨拶することができました。

第2回ボウリング大会


10月9日(土)に第2回目のボウリング大会を開催しました。


#2ボウリング大会


後援会行事としては春と秋にゴルフ大会を開催しておりましたが、ゴルフは
参加者が固定されてしまうという意見から、女性も子供も参加しやすい
ボウリングを企画し、60名以上の会員、組合関係者、会員のお知り合いの
皆さん等々が参加してくださいました。


参加者はかなりハイレベルな方ばかりで、優勝スコアはなんと440オーバー。
次回のリベンジを誓った方もおられました。


閉会式前の挨拶で一言。
「依然として県政が身近でないと感じている。様々な機会を通じて静岡県や
富士市の現状と課題、そして私のやってきたこととやりたいことを訴えかけ
ていく。会員各位や組合関係者の皆様には少人数でもよいので集まる機会を
与えて頂ければ幸いです。」


もっと政治に関心を持ってもらわなくてはなりません。いろいろなネタを
ご用意しておりますので、支援者各位のご協力をお願いします。

恒例の富士北地区体育祭

昨日は絶好の秋晴れのもと、富士北地区第9回目の体育祭が開催され
ました。


今年私は中島新道町の班長なので、朝早くから準備のために中島公園に
行き、椅子や机、テントなどを積み込み、会場である中央小学校で設営、
開会式には県議の立場で紹介をして頂き、ラジオ体操の後は地元のテント
に戻って二人三脚やカード合わせなどの競技に出場しました。


体育祭の最大の目玉「地域対抗総合リレー」には40代男性でエントリー
され、何とか転ぶこともなく無事に次走にバトンを渡すことができました。


体育祭に参加される方々は班長さんや子供会の親御さんが中心ですが、
新道町の場合はSクラブやスパイシー(インディアカチーム)の皆さん
など、毎年来ていただける方もいて大変に盛り上がります。


中島新道町は昨年度まで2連覇を果たしており、過去にも常に上位の成績
でしたが、今年は得点競技での不振が響き下位に低迷、さらに総合リレー
でも下から2番目という残念な結果になってしまいました。


リレーは昨年優勝でした。昨年も40代男性で走った私としてはとてつも
ないプレッシャーの中での走りでしたが、今年はかなりの大差でバトンを
受けたので、不謹慎ではありますが何とか抜かれないように気をつけて、
そして転倒してみじめな姿をさらさないように気をつけて走りました。


地域のきずなって本当に有り難いし、必要ですね。これからも地域行事は
最優先で取り組んで行きたいと思っています。


体育祭に関わったすべての皆様、大変お疲れ様でした。


追伸
今朝から筋肉痛が・・・。1日目で出るとはまだ若い証拠でしょうか。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

桜町宏毅

Author:桜町宏毅
静岡県議会議員
1965年9月6日生まれ
A型

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク