サクラノタヨリ
県政や県議会で感じたことを書いています

充実した代表質問項目の検討

今年の政調会は充実しています。年4回ある議会の前に代表質問項目について
検討を進めています。県政課題の現地調査と地元のみなさんとも意見交換を
行った後、会議室を借りて政調会メンバーと質問者との間で議論を重ねて
います。


1月18日、19日と初島を訪問しました。熱海港から船で片道40分。観光と漁業が
中心の島ですが、人口減少が深刻な問題とのこと。特に医療は深刻で、ドクター
ヘリの夜間運行に大きな期待をされておりました。


政調会の議論ですが、まず会派メンバーから代表質問に取り上げるべき課題を
提出してもらいます。すべてを取りまとめ、当局に関係する資料の提出をお願い
し、合宿に臨みます。政調会長(浜北区選出阿部卓也議員;2期)の進行で、
まずは代表質問として取り上げるべきものを精査します。


代表質問に取り上げる内容も限りがありますので、一般質問者に取り上げられるか
確認します。特に私は2月定例会に登壇しますが、今年度2回目となりますので、
自分の質問よりも代表質問から外れた重要案件を質問することになりました。


代表質問者である四本議員にとっても、私を含めた一般質問者にとっても、質問
項目の共有化ができることや、会派所属議員の思いが反映された質問項目となること
など、この合宿での議論は大変有意義でした。


後は各議員が当局とのやり取りを経て、裏付けを取り、しっかりと質問することです。
私の質問は3月2日(金)13時30分頃と決まりました。頑張ります。
スポンサーサイト

いろいろな形の定期大会

1月16日に橋本県議とともに2012年の民主党党大会に参加してきました。


民主党大会


下は民主党代表の立場で参加された野田総理。物議をかもした眼帯姿です。

野田総理 野田2


下は来賓の経団連米倉会長と連合古賀会長。米倉さんは自民党大会にも呼ばれ、
TPP推進について話したところ、ヤジが飛んだようですが、民主党大会では
失礼なヤジは飛びませんでした。

米倉会長 古賀会長


さて、題にある「いろいろな形の定期大会」とは、議案審議の過程です。
民主党大会の代議員は衆参国会議員と、各都道府県連より2名の代議員、業界
関係者による傍聴、さらに大使館大使などの御来賓によって構成されており、
会場は数百人規模になります。


1時間の大会の後半には、永く民主党に貢献された地方議員の表彰もありますので、
議案審議は結局国会議員の了承と、定期大会前に開催された地方代議員総会での
議決によって確認されるようです。


冒頭、野田総理、輿石幹事長、樽床幹事長代理による挨拶兼考え方の説明があり
ましたが、あくまでも総花的であり、民主党の今後1年間の方針や予算など、重要
案件が記載された議案書が配布されますが、詳細な説明もなく、満場の拍手で
確認、しゃんしゃん・・・といった具合です。


これではわざわざご参集下さった皆様に失礼かと感じました。
もう少し進めようがあったように感じた定期大会でした。

連合議員団会議にて

1月10日に静岡市にて連合静岡議員団会議が開催されました。


2006年に当時の県議会会派「平成21」と連合静岡との間で議員団会議を
発足させ、連携を図ってきました。


毎年議員団会議がある訳ですが、今年も例年同様「未来カフェ」の進捗に
ついて報告する機会を頂き、5つのカテゴリーすべてを私が代表して報告
することとなりました。


議員団会議


未来カフェにおける管理目標数は34.このうちすでに達成しているものが
13項目で達成率は38.2%ととなりました。未達のものは継続してその進捗を
追いかけていくことになりますが、県では様々な管理目標値を総合計画に反映
しましたので、未来カフェで管理してきた目標値との整合性を図る必要が
出てきました。


案の定、現時点で未達だけれど、総合計画の目標値にない項目が4項目あり、
これについては後日連合静岡さんと調整をしていくことといたしました。


連合に最も近しい議員である私として、この進捗を追いかけるのは当然の責務
であり、今後も携わってきます。

登り竜の1年になることを期待

あけましておめでとうございます。


昨年は大震災あり、統一地方選挙あり、浜岡原発の停止、計画停電による混乱、
野田政権の誕生などなど、いろいろな出来事があった1年でした。


私も会派ではコミュニケーション室長として、県民に対して県政をより身近に
感じてもらうため、会派ホームページの刷新や定例会後の街頭演説による県政
報告などを企画し、会派の仲間の協力をもらって実行しました。


議会の役職では議会運営委員会の委員の一人として、特に他会派との調整が必要な
意見書小委員会のメンバーを拝命し、他会派の意見書を尊重しながら、我が会派が
提出した意見書を了承してもらうために奔走しました。


そして辰年です。メディアでは「辰年は登り竜の年」としてもてはやされ、株価の
上昇や景気の回復が期待できるとされています。復興特需もあり、TPP交渉への
参加なども変化点となるかもしれません。本当に豊かさと幸せを感じられる1年と
なることを期待したいと思います。


議会では2月定例会が控えています。予算議会ともいわれる2月定例会。私も質問に
立つことになりました。総合計画の実行に合わせた予算執行を中心に質問項目を
まとめていきたいと思います。


また、衆議院選挙があるやらないやら・・・。もしあるとすれば、しっかりとした
対応をしてまいります。


本年もよろしくお願いします。

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

桜町宏毅

Author:桜町宏毅
静岡県議会議員
1965年9月6日生まれ
A型

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク