サクラノタヨリ
県政や県議会で感じたことを書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回総会

2月25日に後援会の桜宏会の総会と、懇親会を開催しました。


海老原会長 語る会2 語る会


当日は各方面から約140名の皆さまにお越し頂きました。


挨拶の中で「2期目のステージを頂いたので、よりレベルの高い調査研究
活動によって、さまざまな施策を提言できるよう努力する」と申し上げ、
限られた時間ではありますが、多くの皆さまと交流をさせて頂きました。


参加頂いた会員の皆さま、企業団体の皆さま、まことにありがとうござい
ました。






スポンサーサイト

2月議会が始まりました

先のブログで紹介した通り、携帯をIphoneに変えたので、出先で操作して
ブログ更新をしようと思いましたがうまく行かず、表題だけのアップと
なってしまいました。アクセスして頂いた方には「あれ、本文がない」
と思われたと思います。ご無礼しました。


さて、2月21日から2月定例会が開会となりました。24年度予算を
筆頭に、審議しなくてはならない案件が山積しております。


一般質問期間も6日間と、年4回の議会の中では一番長く、登壇する議員も
最も多くなります。


私も3月2日に出番となりますが、
(1)企業留置策について
(2)富士山世界遺産登録を契機とした山梨県との観光連携について
(3)有害鳥獣被害対策のための猟師の育成について
(4)公共事業における県民との協働について
(5)学校管理者(校長・教頭)の人材確保策について
(6)障害を持つ子供の放課後支援について


の5点で質問をすることで確定しました。結果はあらためて報告します。


議会での議論を通じ、一層政治が身近になってくれることを期待します。


県議会インターネット中継はこちらからご覧になれます

「富士山を世界遺産に」の声

2月18日に富士市主催の「なんでも富士山2012」に行ってきました。


なんでも なんでも富士山1 なんでも富士山3


杉山市議と

なんでも富士山 杉山さんと 


展示物の中で、市内小学生が富士山について俳句を詠むコーナーがありました。
小学校で指導頂いてるのか、富士山の世界遺産登録を期待する俳句が多かった
ように思いました。


中学生のコーナーではお気に入りの富士山の写真とコメントが記載されており、
市内の子供たちが富士山について考える良い機会となったことと思います。


あらためて市民の皆さんが富士山について考える良い機会でした。

水力発電の現状

14日から15日まで、中部電力様のご配慮により、会派の有志で大井川水系の
水力発電所の実態を視察してきました。


奥泉発電所にて 最大出力 87,000KW/h
水力3 水力5

 
川口発電所 最大出力 58,000KW/h
水力6 水力4
水力7 水力1


国が作った長島ダム こちらは利水が目的で、発電は自家発電用のみ
水力2


中電エリアで水力による発電は全体の6.3%。ちなみに原子力は18%となって
います。大井川水系には13か所に水力発電所があり、各発電所が計画通りの
最大発電をした場合の発電量は65万2,570KW/h。これは浜岡原発5号機1機が
1時間に発電する発電量(137万KW/h)の半分。


水力発電は上流で発電した水がさらに下流の発電所内に取り込まれて発電する
という、非常に無駄のない発電方法ですが、季節による取水量が変わり、発電量
は自然任せというのがネックのようです。


しかし、発電時のCO2発生は原料採掘から建設、輸送に至るすべての工程で発生
する量を比較した場合、各発電方法の中で最も少なく、放射能の危険性もない
安全な発電方法です。


ではもっと水力発電所を作れないかということになりますが、中電さんは少なく
とも大井川水系ではこれ以上の建設は無理と言われてました。場所的なことや
建設費など、総合的に考えた結果のようです。


電力の安定供給が会社としての最大の責務であるとのこと。新エネルギーへの
転換にも取り組まれているようですので、まずは私たちができることは原発の
稼働の可否を除いても、限られた電力を効率よく使う「節電」ですね。

iPhoneに

携帯を変えました。はやりの「iPhone4s」です。


今まで使っていた携帯のバッテリーが限界で、スマホっていろいろと
便利って聞いていたので思い切って変えてみました。


今のところはiPhoneの良さがわかりません。つまり使いこなせて
いないということです。


うわさの通り、タッチパネルなのでボタンを押し間違えるエラーが多く、
使っていてイライラが募ります。でも慣れると便利だとか。


すでにお持ちの皆さんに便利さを教えてもらいながら、少しずつ流行に
追いつくように努力してみます。

初めてのシンポジウム

県民シンポジウム


2月5日に静岡市にて第1回目の民主党のシンポジウム「観光立県を目指して」
が開催され参加してきました。聴衆は県内各地からお越し頂いた民主党支援者や
民主党所属の議員、行政の観光政策担当者などです。


パネラーは浜松市の鈴木市長、静岡市の田辺市長、御殿場市の若林市長、そして
コーディネーターは民主党政調会長の源馬県議が務めました。


東部(御殿場)、中部(静岡)、西部(浜松)のそれぞれの首長より、観光振興の
目的でどのようなことをしているかの報告がありました。


浜松市→家康公を活用したイベントや、浙江省西湖と浜名湖との友好提携など。
静岡市→新東名よりもさらに奥地に観光客を誘導する、静岡県のプロ野球球団創設。
御殿場市→富士山の景観を最大限に生かす、県境の山梨県や神奈川県との連携など。


どれも個性的で魅力ある観光目玉と感じました。観光だけでなく自治体運営は首長の
やる気次第でいかようにも変わるものです。企業における社長のやる気とリーダー
シップと同じです。


さて、富士市の観光振興をいかに進めるか。富士山世界遺産登録や新東名の開通など、
大きな変化点が近づいてきました。周辺自治体との連携も大事ですが、魅力ある観光
政策を打ち出して存在感を示さないと他市町に後れを取ることは明白です。


産業の街で企業が多く立地し、財政的にも裕福であった時代から変わりつつあります。
まだ体力があるうちに早く次の時代のことを考えないと。微力ながら提案していき
ます。

米之宮会館での第4回県政報告会

久しぶりのブログ更新です。サボった期間が今まで一番長くなりました。
申し訳ありません。


2月4日(土)に地元での県政報告会を開催しました。


全体 本人


榛葉参議院議員が特別ゲストです。国政報告をして頂きました。

しんばさん


話した内容です。

話す内容


こんな雰囲気で行いました。

雰囲気


昨年は選挙の年であり、地元でなく別の会場で行いましたが、今年から
復活です。これからも地道に続けて行きます。
寒い中お集まりいただいた約100名の皆さまに感謝申し上げます。

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール

桜町宏毅

Author:桜町宏毅
静岡県議会議員
1965年9月6日生まれ
A型

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。