FC2ブログ
サクラノタヨリ
県政や県議会で感じたことを書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連合の仲間と一緒に

7月21日、この日も30度以上の暑さの中、連合静岡の東部3地協(沼三、
伊豆、富士富士宮)対抗のソフトボール大会が沼津の明電舎グランドで
開催されました。


富士富士宮地協のメンバーの一人として参加。打つ方は相変わらずの
貧打でしたが、守る方ではセカンド守備でゲッツーをゲット!ちょっと
存在感を見せられたと安心しております。


ファーストへの転送時、四十肩の痛みのせいでワンバウンドになって
しまいましたが、ファーストを守るジヤトコ労組の稲生さんのファイン
プレーで成立。盛り上がりました。


このゲッツーのおかげか(?)、富士富士宮地協は優勝し、
景品(時節柄ビール)をもらいました。


ソフトの後はバーベキュー大会。普段とは違った雰囲気で楽しいひととき
を過ごすことができました。


地協ソフト


お誘い頂き、ありがとうございました。
スポンサーサイト

例年より早くお聞きしています

民主党県連では、7月10日から9日間にかけて、各団体や市町からの25年度の
国予算に関する要望をうかがっています。写真の左が各団体の方々、右が
民主党県連に所属する議員で、手前が県議団、後列が衆参議院議員の秘書の
皆さん。多いときは要望する側、受ける側を含め、40人以上となります。


要望受け入れ写真

ヒヤリング日程


各団体は30分、市町は60分の枠でお願いしており、市町では首長自ら要望に
お見えになるケースも。


この活動は昨年は8月後半から9月にかけて行っていましたが、今年は党本部
から「できるだけ概算要求(本予算が固まる前のおおよその内容と金額)時
に各県連からの要望を反映したいので、8月1日まで項目をあげること」との
通達があったため、1か月以上前倒しでお聞きすることになりました。


今回承るのは国への要望と合わせ、現時点で確定している県要望に含んでい
ます。県議団では8月後半に各市町に出向いて聞いていましたので、市町に
対してはわざわざ県庁までご足労頂くことは申し訳ないのですが、前倒しに
なった理由をお話しして了解してもらっています。


初めて要望を伺う団体もあり、多種多様の中身ではありますが、政権与党と
して予算に反映できるよう、しっかりと中身を聞いていきます。


岳南鉄道に集合!

岳南鉄道ビア列車


7/20(金)、岳南鉄道原田駅でビヤガーデンが開催されます。現在渦中の岳南
鉄道。「岳鉄レンジャー」を少なからず応援している身として、チラシをもらった
ので、宣伝したいと思い投稿しました。


富士市からの補助金(年2,000万円)がなければ立ち行かない状況になって
しまった岳南鉄道。存続の危機にあります。先月の天浜線議連で鳥取と兵庫で
視察した経験から、いかに沿線住民による自発的な活動が必要かを勉強してきま
した。


このような企画を通じ、市民の理解度を上げるとともに、今まで行政と事業者が
やって当たり前だった路線維持の一端を、「一人の力は微力ながら、大勢集まれば
大変なエネルギー」という考え方で支えていきませんか。


まずは岳鉄に乗ってみましょう。そして駅の駐車場で生ビールでも。お出かけ
ください。

自動車フォーラム議員とは

一年前と同じタイミングで、自動車総連政策推進コンベンションが
同じホテルで開催されました。


昨年の模様はこちら


目的は例年通り、自動車関係諸税の抜本的見直しの要望(特に課税
根拠がなくなった自動車取得税と重量税の全廃)に加え、次期参議院
議員選挙(2013年7月施行予定)の自動車総連組織内候補者の紹介です。


2012年度の要望事項

フォーラム要請書


自動車総連組織内議員で国会議員は3名。トヨタ労連出身の直嶋参議院議員、
同じく古本衆議院議員、本田労連出身の池口参議院議員です。このうち、
池口議員が来年夏の任期をもって退任されるため、今度は私の日産労連から
「いそざき(磯崎)哲史」候補予定者が出馬される予定です。ご本人より
挨拶がありました。


いそざき紹介 いそざき本人

いそざき哲史


自動車業界の悲願である自動車関連諸税の抜本的見直しで活躍された池口さん
に変わり、44歳の若さあふれる行動力で、いそざきさんにつなげてもらい
たいと思います。


参議院選挙の特に比例代表を選ぶ選挙は関心が薄く、なかなか目標通りの
得票ができない傾向にありますが、自動車で働く仲間ですし、ましてや
同じ日産労連なので、精一杯の応援をしたいと思っています。
いそざきさん、共に頑張りましょう。

東京電力で働く組合員の苦労

福島第一原発事故以降、東電で働く仲間の皆さんは大変な苦労をされて
いるようです。


連日、マスコミで叩かれ、賃金も2割カット。地域では家族までもが冷たい
視線で見られるとか。従業員のモチベーションダウンが心配です。


実際、若い組合員の一部は会社を辞めて転職しているそうですが、家庭を
持っている方や、責任ある方はいわゆる「電力魂」で歯を食いしばって
頑張っておられます。


7/6に伊東市内で東電労組推薦議員団会議があり、多くの議員が参加しました。
新しく就任された沼津支店長より、最近の電力事情と、原発事故に伴う補償
の内容、さらに台風4号による停電事故の復旧についてなど、細かく丁寧に
説明を受けました。


東電研修 


意見交換の際に私が申し上げたのは「日頃から電力の安定供給に奔走頂き、
ありがとうございます。今回の事故対応で、組合員を取り巻く環境は想像でき
ないほど大変だと思いますが、市民生活と企業活動には欠かせない電力です
ので、我々も節電努力を訴えていきますので、お互い協調してこの難局を
乗り越えていきましょう。


また、今日は宴席もあると伺っておりますが、せめて今日くらいは日頃の苦労
を忘れて、仲間通し酒を酌み交わしながら盛り上がりましょう」と激励させて
もらいました。


原発事故に対する東電の責任は重いのは明らかですが、組合員一人ひとりは
自分の生活も犠牲にし、懸命になって電力魂のもとで頑張っておられます。
同じ働く仲間が苦労している時だからこそ、応援していきたいと思っています。

川に親しむ市民性

観光まちづくり講座報告の第3弾です。最後は親水施設の見学です。

市内を流れる源平川

清水 源平川 源平川2


源平川の中の道。水量が多いときは使えません

川の中の道


至る所で湧水が・・・

湧水


源平川で遊ぶ中学生。水浸しで帰っても、親も同じように遊んでいたから怒られ
たりはしないそうです。

川で遊ぶこどもたち


蛍群生地

ほたる群生


足湯ならぬ「足水」。夏場は最高とか・・・

足水


豊富な湧水をうまく使い、市民が集うところを意図的に作っていました。
市民がここちよく使わなければ、観光客は寄ってくる訳がありません。


富士市も遊水地がいっぱいあります。三島のように回遊できるルートづくり
など、工夫すればいくらでも市民が集い、観光客が訪れるポイントはでき
そうです。


三嶋暦の製作にチャレンジ

観光まちづくり講座報告の続きです。


三島大社から西へ。住宅街の中にある三島暦の館を訪問しました。


三島暦の館のホームページ


ここでは、古くは室町時代と言われていますが、河合家の先祖が三島大社
の名を受け、暦(現代のカレンダー)を作っていた歴史を展示されています。


こちらでは実際に三島暦を作る体験もできます。

三島暦作成現場 完成した暦


三島暦の看板
暦解説看板


方位をつかさどる神様

神様 神様解説


二十四節気

節気


暦時計 ※旧暦では12時は午の刻。この前が午前、この後が午後という。

時計 時計解説


三島暦では観光まちづくり講座の体験版を経験しました。実際に観光客と同じ
メニューでしたので、本来なら「館を運営するための実務上の苦労は?」とか
「観光客はどのような反応ですか?」とか、観光資源をもとに観光客を呼び込む
ことが講座の本来の目的なので、こんな話も聞きたかったと思いました。


昼は三島大社近くの丸平でのランチです。
こんな感じでした。

丸平昼飯 うなぎ 〇ヘイ外観


丸平の前の通りでは市民が手入する花壇がありました。これも観光誘客に
一役買っています。

街路の花 街路の花2

三島フィールドワーク

市民大学の観光まちづくり講座のカリキュラムとして、フィールドワークが
あり、訪問先は三島市内でした。


三島は観光を前面に出したまちづくりではなく、市民が自分が住んでいる街が
好きで、自慢したくなるから自然と街の中を歩く人に声をかけるようになって
いるという、非常にうらやましい観光に理解のあるところです。


まずは三島大社に。真ん中は今回の講師陣です。大社の宮司にもお世話になり
ました。
大社杉山さん 講師陣 鳥居

本殿前の門 本殿 銅像

本殿の彫刻 本殿彫刻 きんもくせい


当日は「茅の輪くぐり」という行事をやっておりました。和歌を唱えながら
カヤで作った輪をくぐると元旦から半年間に犯してしまった罪が洗われると
いう習わし。私もくぐってきました。


茅の輪くぐり ちの輪 蘇民将来


行事が行われる当日には五色の旗が掲げられ、周辺にお知らせしている
そうです。本殿前の五色の旗です。


五色の旗


これで午前中は終了。午後のレポートはまた。








カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

桜町宏毅

Author:桜町宏毅
静岡県議会議員
1965年9月6日生まれ
A型

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。