サクラノタヨリ
県政や県議会で感じたことを書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義務教育のあり方

1/22に京都御池中学校を視察しました。目的は、公立小中学校における
小中一貫教育との実態について。


京都御池中学校 入口の案内板
図書館ポップ スケルトン


京都御池中学校は9学年制。近隣の2つの小学校の6年部が学区内の
中学校校舎の中に入り、中学生と一緒の生活をしています。
通常の義務教育が小6-中3であるのに対し、京都御池中学校学区は
小5-中4となっています。中学3年生は「9学年」と呼ばれています。


小中一貫の主なメリットは
1.6年から7年の学びをつなぐ
 中1ストレスになる生徒が少なくなる
2.小中学校の単元の関連性や指導の連続性
 教員が小学校カリキュラムを把握して中学校カリキュラムに反映できる
3.中学教員の専門性を生かす
 中学校教員が小学校に出向いて教えることも可能
4.小中で読解力強化の一貫性
 京都御池中学校の方針、社会人として生きてく上必須能力を一貫して教える


中1ストレスという言葉をご存知でしょうか。小学校から中学に上がる際、
中学校生活に慣れずにストレスを感じて不登校などになること。
京都御池中学校ではこの中1ストレスはほとんどないそうです。すでに
小6から隣の小学生と同じ学び舎で学び、遊んでいるから。


また、学科によっては小学校の授業に中学の先生が教壇に立ち、指導をする
こともあるようで、教員の負担を軽減することも可能とか。


さらに、小中一貫で読解力を高める取り組みを進めており、結果として京都市
内の中学校区としては名門公立私立高校への進学率が高いとのこと。


メリットばかりが目立った視察ですが、例えば6年部がいなくなった小学校側
での負担はないのか、あるいは6年部以外の小学校の先生は従来の学校に勤務
しているので、6年部の生徒との接点が少なくなるとか、他にも課題はあり
そうです。


いまだ全国的には広がりを見せていない公立小中の一貫学校。京都市でも始めて
から15年程度ですから、これから良い点改善点が出てくると思われます。
公立小中一貫制度は静岡県の義務教育に一石を投じる可能性があると思いました。
スポンサーサイト

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

桜町宏毅

Author:桜町宏毅
静岡県議会議員
1965年9月6日生まれ
A型

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。