サクラノタヨリ
県政や県議会で感じたことを書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を取り巻く環境の変化 バブル崩壊から今日まで

9月20日(土)午後に静岡市内で連合静岡主催「労使のコミュニケー
ションが静岡を救う」に参加しました。講師は労働政策研究研修機構の
呉学殊氏。「経営の安定、企業の発展のためには健全な労使関係が
不可欠」という趣旨の講義でした。


講義の前段に「日本の経済社会の現状」について説明がありました。
今から20年以上前の1991年頃、バブル経済が崩壊しましたが、その後
日本を取り巻く様々な要素が激変したとのこと。説明のあった要素のうち、
4点について示します。


○低い経済成長;平均0.14%(92年から2010年まで)


○少子高齢化の加速  ※人口維持のためには2.07が必要
   出生率  1991年 1.53 → 2013年 1.43
   高齢化  1990年 14.2% → 2012年 24.1% ※65歳以上


○財政赤字の膨張 日本全体の債務残高
   2012年10月 1,218兆円 → 2014年8月 1,279兆円 
     ※国民一人当たり1,003万円


○雇用・労働条件の下降
   非正規労働者の割合 1990年 約20% → 2013年 約36%


20年前と現在とでは政治の責任の重さが違います。財政が厳しくなる中、
いかに市民サービスの質を落とさないようにするか、難しい課題に挑戦しな
くてはなりません。


歳入面ではいかに自主財源となる地方税を増やすか。企業誘致や定着に
よる法人税の確保、人口流出を食い止め個人県民税を維持する、市町と
協力した滞納されている税の回収など。


歳出面では固定費となる人件費の必要最低限の抑制、いわゆる箱モノの
建設費、維持費の削減、市町や関係団体への補助金の見直し 等々


限られた財源の中で県民幸福度をいかに高めるか、バブル崩壊以降の
この国の借金体質を変えていかなくてはなりません。議員の一人として
財政に裏打ちされた政策の実現に向け、積極的に取り組んでまいります。
スポンサーサイト

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

桜町宏毅

Author:桜町宏毅
静岡県議会議員
1965年9月6日生まれ
A型

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。