FC2ブログ
サクラノタヨリ
県政や県議会で感じたことを書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年と5ヶ月が経過して

3.11以降、3回目の被災地仙台の訪問です。8月の終わりに会派の
仲間と一緒に行ってきました。今回も宮城県議会議員の吉川さんに
お世話になりました。


まずは沿岸部の小学校。4階建ての3階部まで津波が押し寄せた様子が
わかりました。手前には近隣で回収されたであろう廃バイクの山。


廃バイク


もちろんこの学校は閉鎖中ですが、校門の門柱のたもとに割れた急須が。
ここには津波が来る前には普通の生活があった証拠です。


割れた急須


近くの海岸では林野庁による「みどりのきずな」プロジェクトが進行して
いました。主に木材をかさ上げし、破壊された防砂林を復活させようと
するもの。こうした廃木を積み上げて植林した方がしっかりと根付くよう
です。


みどりのきずなPRJ みどり2


この一体にはかなり厚い幅で防砂林が存在していたようですが、津波で
壊滅的にやられました。同じ場所に立って左右を見渡した写真がこちら。
左は壊滅状態の松林、右はまだ少し松が残っている様子。根付きの違いで
残る残らないが決まったのでしょうか。


防砂林破壊 防砂林破壊なし


深沼海岸の様子。夏には多くの海水浴客でにぎわっていたそうですが、今は
32℃の暑さでも一人もいません。沖のテトラポットも手前の堤防も破壊され、
細々と復元工事が行われていました。


深沼海水浴場 壊れたテトラ 壊れた堤防


海岸を歩くと特徴が。植林された松が海から陸に向けて倒れています。斜めに
なったまま生きながらえているのか、枯れているのか、不明です。また、海水
浴場に向かう橋が落橋していました。


倒れた木 落ちた橋


最後は閖上地区。仙台市のお隣、名取市の集落で、大津波が襲ったことで有名な
場所です。


漁港に連れて行ってもらいました。漁港の先には大型の焼却炉がもくもくと煙を
上げて稼働していました。よく被災地以外の人から「がれきは被災地で燃やせば
いいじゃないか」と心無い言葉がありましたが、被災地ではあちこちで新設の
焼却炉で可燃物は燃やしています。その様子を撮影してきました。


焼却炉閖上


1年5か月がたったからでしょうか、フル稼働する焼却炉の手前で夏休み
のひとときを過ごす親子連れが釣りをしていました。何とも言えない
アンバランス感を感じ、思わず後姿を撮影しました。


焼却炉と釣り


復興は少しずつですが進んでいる様子がわかりましたが、まだまだ大変な
状況が続いています。私たちがまず意識しなくてはいけないことは、1年
経とうが5年経とうが、被災地のことを忘れないことだと思います。


仙台には吉川議員を通じてご縁を頂きました。これからも復興状況を見守って
行きたいと思います。
スポンサーサイト

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

桜町宏毅

Author:桜町宏毅
静岡県議会議員
1965年9月6日生まれ
A型

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。