FC2ブログ
サクラノタヨリ
県政や県議会で感じたことを書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「政策研究集会」にて

32℃の岐阜に来ています。毎年恒例の連合東海ブロック「政策研究集会」にて。
ディーセントワークの実現に向けた働き方の見直しがテーマです。ディーセント
ワークとは、「働きがいのある人間らしい仕事(wikipediaから)」という意味です。
 興味深い話としては、「働き方の見直しのためには消費者側の意識改革が
不可欠」ということ。岐阜経済大学の教授が宅急便の例を挙げられて、簡単に
通販で頼み、受け取り時間にいないとか、居留守を使うとか。こうなるとドライバ
ーの負荷がますます高まり、労働時間が長くなると。消費者が過剰なサービス
は期待せず、少し不便になってもよしという意識になれば、ディーセントワークは
実現できるとのこと。自分が受けているサービスの裏には大変な勤務をしている
人がいるかもしれないと常に意識することが大切であると感じました。
ディーゼントワーク

ディーゼントワーク2
スポンサーサイト

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

桜町宏毅

Author:桜町宏毅
静岡県議会議員
1965年9月6日生まれ
A型

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。